読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーおん&しおちゃんの雑談記

しおちゃん&しーおんのことを書く

フト思ったこと

こんにちは。

しおちゃんです。

 

バスツアーでのお山の登拝に行って思ったこと

たまに行くハイキングでの山道での思うこと

共通して思ったことがあります。

 

20170429に思ったコト&テキトー企画|しーおん|note

↑の所にも書いたのだけれど、

「体力に任せてがんばる」感じだったり、

「一番に登れることはいいことだ!」

「早く登れることがいいことだ!」という

よくわからない思い込み?勘違い?からの

親御さんに褒めてほしいお子様方の「がんばる」

歩き方。。。

を見て、もやもやします。。。

おそらくこのモヤモヤの中に、「べき」「すべき」

を隠している感じが自分の中にもある気がしますが。。。

 

そんな「がんばる」歩き方で、山頂に着くまでに、

何度も休憩されているのを見かけるのですが、

休憩するたびに、大汗かいてゼェーゼェーと苦しそうに

呼吸をしている様子は、なんだかなぁ~と私は思うのです。

 

山に登るのに、方法なんてその人ごとにあるし、

 その人が、「がんばる」登り方をしたくてしている

のですから良いですし、

「がんばる」のが楽しくてしているのだろうな。。。と

私は思うのですけど、それらの行いに隠された勘違いや

思い違い、「べき」「すべき」があるような気がしていたりします。

 

そんな中でも、「がんばらずに」「楽しく」登れたら

いいんでないかな~

と思いました。

「がんばらない」でラクに楽しく登るというか・・・

「のんびり」しながら体の動きを感じたり楽しんだり、

景色を見ては、普段と違う何かを感じてみたり。。。

みたいなことってどうだろう?

 

と思ったのでした。

そんなわけで、テキトーな思い付き企画で

高尾山に登ろう企画をやろうかなって考え中です。

登り方での歩き方を上ってる中で伝えていく感じです。

頂上に着いたら、解散で自由行動で、ケーブルカーや

ロープウェイで降りるもよし、歩いて降りていくもよし。

そんなゆるゆるハイキングを考え中です。

 

GWの終わりにいかがでしょうか?

 

ポチっとな